読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももでちっそく

書評・映画レビューが多くなってきましたが、雑記ブログです。口が悪いので酷評することも多いです。すきなひと、さーせんね。

【映画レビュー】 ゴースト・イン・ザ・シェル 評価☆☆☆★★ (2017年 米国)

ghostshell.jp 原作もアニメも経験済みのはずだが、主人公が草薙素子ということ以外、内容を全く覚えていない『ゴースト・イン・ザ・シェル』が映画化されたので観た。先週はダルデンヌ兄弟の『午後8時の訪問者』も観たので、2本も劇場で映画を観たことに…

【書評】 実践 アクションラーニング入門 著者:マイケル・J・マーコード 評価☆☆☆☆☆ (米国)

実践 アクションラーニング入門―問題解決と組織学習がリーダーを育てる 作者: マイケル・J・マーコード,清宮普美代,堀本麻由子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2004/07/30 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 35回 この商品を含むブログ (13件)…

自殺者の7割は男性

なるほどぉ~。女性は、「感じたこと」をすぐに口に出すから、ストレスに気付きやすく、自殺のリスクが低いのか。自殺者の7割が男性というもんな(自殺統計)。 自殺者の7割は男性! 男のメンタルリスク管理術 このように、女性は感じたことをすぐに言葉に…

【映画レビュー】 午後8時の訪問者 評価☆☆☆☆★ (2016年 ベルギー、フランス)

ダルデンヌ兄弟の『午後8時の訪問者』を観に新宿武蔵野館まで訪れた。筆者はダルデンヌ兄弟の映画を『サンドラの週末』しか観たことがない。新宿武蔵野館は、JR新宿駅東口にある。この映画館には行ったことがあるのか記憶がない。この近辺にはコムサストアが…

【書評】 カイジから経済を学べ 著者:丹羽由一 評価☆☆☆★★ (日本)

カイジから経済を学べ 作者: 丹羽由一 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/02/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 筆者は、『カイジ』という漫画を読んだこともなければ、映画版を観たこともない。タイトルだけ…

【書評】 しろいろの街の、その骨の体温の 著者:村田沙耶香 評価☆☆☆★★ (日本)

しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/07/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 小学校4年生から、中学2年生にかけての一人称のシンプルな物語で、「女性の性への目覚…

【書評】 行動経済学の逆襲 著者リチャード・セイラー 評価☆☆☆☆★ (米国)

行動経済学の逆襲 作者: リチャード・セイラー,遠藤真美 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/07/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 行動経済学に関する一般向けの本。行動経済学の誕生から発展まで、行動経済学の研究者である著者…

【映画レビュー】 愛、アムール 評価☆☆☆☆★ (2012年 オーストリア、フランス他)

愛、アムール [DVD]出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2014/06/27メディア: DVDこの商品を含むブログ (10件) を見るミヒャエル・ハネケ監督作。カンヌ国際映画祭でパルム・ドール受賞。米アカデミー外国語映画賞受賞。『ファニー・ゲーム』、『隠…

アウトレイジ最終章 新キャスト決定

「アウトレイジ 最終章」に大杉、ピエール、ネプ原田ら 北野武監督の『アウトレイジ最終章』の新キャストが決定。その驚きの内容とは・・・?公開は2017年10月7日。 ■大友(ビートたけし)を慕う韓国・済州島グループの市川を演じるのが大森南朋 ■花…

見たいドラマ2017 春

1.母になる いちばん見たいのがこれ。沢尻エリカ様主演。 エリカ様、番宣で『さんま御殿』に出てたけど、あごの皺が目立ってたなあ。嵐のイモみたいな顔した男が主演していたフジテレビのミステリーでは、かわいかったんだがなあ・・・ 2.クライシス 小…

【映画レビュー】 シャーロック・ホームズ 評価☆☆☆☆☆ (2009年 英国、米国他)

シャーロック・ホームズ [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2010/11/23 メディア: DVD 購入: 6人 クリック: 94回 この商品を含むブログ (126件) を見る 『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や『スナッチ』等で小気…

【映画レビュー】 アーティスト 評価☆☆★★★ (2011年 フランス)

アーティスト [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2016/09/21 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る 1927年~1932年までのハリウッドにおける、「サイレント映画」の衰退と「トーキー映画」の勃興と共に、サイレント映画…

【書評】 ぼく東綺憚 著者永井荷風 評価☆☆☆☆★ (日本)

濹東(ぼくとう)綺譚 (岩波文庫) 作者: 永井荷風 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1991/07 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 89回 この商品を含むブログ (66件) を見る 荷風は、ニーチェと共に若い時分の筆者にとって反時代性の象徴のような存在だった…

【映画レビュー】 エレファント 評価☆☆☆☆☆ (2003年 米国)

エレファント デラックス版 [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: 2004/12/03 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 104回 この商品を含むブログ (407件) を見る ガス・ヴァン・サントの映画を観たのは『グッドウィル・ハンティング…

ドストエフスキー『悪霊』2巻・覚書

悪霊〈2〉 (光文社古典新訳文庫) 作者: フョードル・ミハイロヴィチドストエフスキー,亀山郁夫 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2011/04/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 非常に長く、光文社文庫版で700ページもある。こんなに長大…

HRカンファレンス2017 -春-

日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」 HRカンファレンス2017(春)の申し込みが開始されました。 無料で人事関係の多くの講演を聞ける良い機会です。 時節柄、採用関連が多く見受けられる他、ダイバーシティもあります。日本政府も問題視している「日本…

【映画レビュー】 グラディエーター 評価☆☆★★★ (2000年 米国)

グラディエーター [Blu-ray] 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/04/13 メディア: Blu-ray クリック: 5回 この商品を含むブログ (14件) を見る 将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)が、皇帝コモドゥス(ホアキン・フェニックス)から逃…

青山ブックセンター本店を訪問

青山ブックセンター本店を訪問。冴えない品揃え。↓ エスカレーターを降りていく↓ ここが店構え しかし、目当ての本はありませんでした。 ウンベルト・エーコの『ヌメロ・ゼロ』を買いに行ったのですが、これだけがない。『薔薇の名前』も『フーコーの振り子…

【書評】 斜陽 著者:太宰治 評価☆★★★★ (日本)

斜陽 (角川文庫)作者: 太宰治出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2012/10/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る『斜陽』は太宰治の代表作のひとつで当時のベストセラー小説にして、筆者が最も嫌いな小説だ。もうひとつの代表作『人間失…

【映画レビュー】 ルビー・スパークス 評価☆☆☆★★ (2012年 米国)

ルビー・スパークス [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2013/10/02 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る あらすじ 小説家カルヴィンは、夢の中に出てきた女性ルビー・スパークス…

【書評】 コンビニ人間 著者:村田沙耶香 評価☆☆☆☆☆ (日本)

コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (53件) を見る 普段、筆者は近年の芥川受賞作など読まないし、読んだところで高い評価をしない場合が多い。ストーリーに起伏がなかった…

【書評】 芥川賞の偏差値 著者:小谷野敦 評価☆☆☆★★ (日本)

芥川賞の偏差値 作者: 小谷野敦 出版社/メーカー: 二見書房 発売日: 2017/02/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 芥川賞第1回~最新回まで164作をランク付けしたブックガイド。平易な言葉で、芥川賞作品を紹介している。文体は彼のA…

【映画レビュー】 アデライン、100年目の恋 評価☆★★★★ (2015年 米国)

アデライン、100年目の恋 [DVD] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2016/03/02 メディア: DVD この商品を含むブログ (2件) を見る 29歳から年を取らなくなった美貌の女性アデラインが、真の愛を見つけるまでをつづった恋愛物語。1908年生まれのアデライ…

ソフトバンクがプレゼン手法を売るそうだが・・・

ソフトバンクが“孫社長流プレゼン手法”販売 社員が外部企業に出向きノウハウ指導 (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース ソフトバンクが孫正義社長のプレゼン手法を外部企業に販売すると言う。記事によると孫社長のプレゼンは、「大きい文字やシンプルなメッセージ…

あんまり書きたくない話~高校中退の件~

フェイスブックをしていたらある人(女性)から友達申請が来ました。「共通の友達」がいたんで承認したら、「なかよくしたいので、LINEのIDを教えるので気軽にメッセージ下さい」と言われました。別にもう友達になっているんだからFBのメッセージでやり取り…

【映画レビュー】 教授のおかしな妄想殺人 評価☆☆★★★ (2016年 米国)

教授のおかしな妄想殺人 [DVD]出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2016/11/25メディア: DVDこの商品を含むブログ (5件) を見るホアキン・フェニックスが好きなので観てみた。ウディ・アレンの映画を観るのはいつぶりだろう?遠く『ギター弾きの恋…

【書評】 カトリシスムとは何か キリスト教の歴史を通して 著者:イヴ・ブリュレ 評価☆☆☆★★ (フランス)

カトリシスムとは何か―キリスト教の歴史をとおして (文庫クセジュ)作者: イヴブリュレ,Yves Bruley,加藤隆出版社/メーカー: 白水社発売日: 2007/02メディア: 単行本 クリック: 7回この商品を含むブログ (12件) を見るカトリシスムの歴史を知りたいと思い、本…

【映画レビュー】 隠された記憶 評価☆☆☆☆☆ (2005年 フランス、オーストリア他)

隠された記憶 [DVD] 出版社/メーカー: タキコーポレーション 発売日: 2006/10/06 メディア: DVD クリック: 61回 この商品を含むブログ (84件) を見る ミヒャエル・ハネケ監督作品。彼の作品を鑑賞するのは『ファニーゲーム』に続いて2本目。2本続けて筆者…

【映画レビュー】 モアナと伝説の海 評価☆☆☆★★ (2016年 米国)

www.disney.co.jp 子どもにせがまれてわざわざ劇場で鑑賞。『ラ・ラ・ランド』をもう一度劇場で観たいところだったが、偶には家族サービス(という言葉が大嫌いなのだが)もしないといけない。ディズニー映画で「退屈」だと思ったことがないので良いのだけれ…

2017冬ドラマの感想

1.『A LIFE』 ストーリーは置いといて、豪華キャストが良かった。 浅野忠信が主人公のライバル役で出演し、狂気と純粋さを併せ持つ難しい役柄を演じていて、秀逸。長い前髪がをぶるんぶるんと乱れ咲き、いろいろと暴れます。読者の皆さんは知らないでしょ…

【書評】 キャラクターズ 著者:東浩紀、桜坂洋 評価☆★★★★ (日本)

キャラクターズ (河出文庫) 作者: 東浩紀,桜坂洋 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2012/07/05 メディア: 文庫 クリック: 11回 この商品を含むブログ (12件) を見る 批評家・東浩紀とラノベ作家・桜坂洋による共作。小説の体裁を取っているけれど、中…

【書評】 私たちはどこまで資本主義に従うのか 市場経済には「第3の柱」が必要である 著者:ヘンリー・ミンツバーグ 評価☆☆★★★ (カナダ)

私たちはどこまで資本主義に従うのか―――市場経済には「第3の柱」が必要である 作者: ヘンリー・ミンツバーグ,池村千秋 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/12/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る ヘンリー・…

ドストエフスキー『悪霊』1巻・覚書 

悪霊 1 (光文社古典新訳文庫) 作者: ドストエフスキー 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/12/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 19世紀のロシアの大家ドストエフスキーの『悪霊』の1巻を読み終わった。通常なら3巻まで読了してから…

【映画レビュー】 セックス・アンド・ザ・シティ 評価☆☆☆☆★ (2008年 米国)

セックス・アンド・ザ・シティ〔ザ・ムービー〕 [DVD] 出版社/メーカー: ギャガ 発売日: 2014/12/02 メディア: DVD この商品を含むブログ (5件) を見る 40代女性4人の恋愛観を赤裸々に描いた『セックス・アンド・ザ・シティ』の映画化。自ら観たいとは思…

【映画レビュー】 ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 評価☆☆☆★★ (2009年 日本)

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2010/04/07 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 126回 この商品を含むブログ (86件) を見る 昭和初期の作家・太宰治は何度も自殺未遂を繰り返し、遂に玉川上水で愛人と心中…

【書評】 コンサル一年目が学ぶこと 著者:大石哲之 評価☆☆☆★★ (日本)

コンサル一年目が学ぶこと 作者: 大石哲之 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2014/07/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 『コンサル一年目が学ぶこと』という本書のタイトルを見て、コンサ…

【映画レビュー】 ルーム 評価☆☆★★★ (2015年 カナダ、アイルランド)

ルーム [DVD] 出版社/メーカー: Happinet 発売日: 2016/09/16 メディア: DVD この商品を含むブログ (3件) を見る トロント国際映画祭観客賞(ノン・コンペの映画祭なので観客賞は、つまり最高賞)受賞、ブリー・ラーソンがアカデミー主演女優賞受賞。 面白い…

【書評】 テレーズ・デスケルウ 著者:フランソワ・モーリアック 評価☆☆☆☆★ (フランス)

テレーズ・デスケルウ (講談社文芸文庫) 作者: フランソワ・モーリアック,若林真,遠藤周作 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1997/05/09 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 25回 この商品を含むブログ (18件) を見る 舞台は20世紀前半のフランス。未だ第…

【映画レビュー】 ソナチネ 評価☆☆☆☆☆ (1993年 日本)

ソナチネ [DVD] 出版社/メーカー: バンダイビジュアル 発売日: 2007/10/26 メディア: DVD 購入: 6人 クリック: 94回 この商品を含むブログ (96件) を見る 「ケン、ヤクザ辞めたくなったなあ」 「結構荒っぽいことしてきましたからね」 「なんかもう疲れたよ…

【書評】 ドルジェル伯の舞踏会 著者:レイモン・ラディゲ 評価☆☆☆★★ (フランス)

ドルジェル伯の舞踏会―現代日本の翻訳 (講談社文芸文庫) 作者: レイモンラディゲ,Raymond Radiguet,堀口大学 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1996/08 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (14件) を見る レイモン・ラディゲと言…

タラレバむすめ

冬のドラマはまあまあ面白いんじゃないでしょうか。俺が観ているのは次の4つです。 ・東京タラレバ娘 ・カルテット ・A LIFE ・相棒15 今回、『奪い愛、冬』を見逃したのがもったいなかったですね。こういう昔ながらの感情的な恋愛サスペンスって好きなタ…

【書評】 All You Need Is Kill 著者:桜坂洋 評価☆☆☆★★ (日本)

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫) 作者: 桜坂洋,安倍吉俊 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2004/12/18 メディア: 文庫 購入: 31人 クリック: 414回 この商品を含むブログ (430件) を見る このブログにはゲームの話題がほとんどないし、書…

【映画レビュー】 ラ・ラ・ランド 評価☆☆☆☆★ (2016年 米国)

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト" src="//hatenablog-parts.com/embed?url=http%3A%2F%2Fgaga.ne.jp%2Flalaland%2F" frameborder="0" scrolling="no">gaga.ne.jp 米アカデミー賞最多14部門ノミネートのミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。デミアン・チ…

【映画レビュー】 サンドラの週末 評価☆☆☆☆☆ (2015年 ベルギー、フランス、イタリア)

サンドラの週末 [DVD] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2015/11/27 メディア: DVD この商品を含むブログ (9件) を見る ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督、マリオン・コティヤール主演。『マリアンヌ』や『アサシンクリード』など…

【書評】 真昼の悪魔 著者:遠藤周作 評価☆☆★★★ (日本)

真昼の悪魔 (新潮文庫) 作者: 遠藤周作 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1984/12 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (7件) を見る 田中麗奈主演でドラマ化もされている『真昼の悪魔』の原作小説。著者は遠藤周作。 推理小説の体裁を取って…

【書評】 トリップ 著者:角田光代 評価☆☆★★★ (日本)

トリップ (光文社文庫)作者: 角田光代出版社/メーカー: 光文社発売日: 2007/02/08メディア: 文庫 クリック: 22回この商品を含むブログ (51件) を見る地方都市を舞台にした連作短編集。各短編に多少の繋がりはあるものの、ストーリーの構造に関連があるのでは…

今年のアカデミー賞

米国最大の映画の祭典アカデミー賞の受賞結果が決定しました。今年も、俺には刺激の少ない受賞結果でしたね。何だか政治色を強く感じて、本当にこれで良いのって感じ。 ■作品賞 『ムーンライト』 ■主演男優賞 ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・…

【書評】 問題解決プロフェッショナル 思考と技術  著者:齋藤嘉則 評価☆☆☆☆☆  (日本)

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術 作者: 齋藤嘉則 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2010/04/16 メディア: 単行本 購入: 10人 クリック: 42回 この商品を含むブログ (18件) を見る もはや紹介不要とさえ思われる問題解決の基本書。著者は…

ラ・ラ・ランド・・・

『沈黙』ほどではないんですが、2017年に観たい映画のひとつに、『ラ・ラ・ランド』があります。で、公開日に観ようと思いつつダラダラ忙しさにかまけて見られていない日々が続いてる。 そしたら俺が愛読しているはてなブログのいくつかに、もうレビュー…

川崎で飲んだ

川崎で泊まりの仕事があったので、夜は外で飲んで、食べてきました。 1日目は、とんかつ・つか田ここは、川崎駅から遠いですが、安くて旨いです。 川崎の歓楽街を通過した先にあります笑ロース定食は1050円。 グラスビールは200円。ロースは脂身が少なく、柔…