好きなものと、嫌いなもの

書評・映画レビューが中心のこだわりが強いブログです

【書評】 ユリゴコロ 著者:沼田まほかる 評価☆☆★★★ (日本)

ユリゴコロ (双葉文庫)作者: 沼田まほかる出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2014/01/09メディア: 文庫この商品を含むブログ (68件) を見る 読者の頭が「?」になる設定が鼻につく 幼少の頃から理由なく殺人を犯してきた女性・美沙子。彼女はミチルちゃんとい…

【書評】 構造改革と日本経済 著者:吉川洋 評価☆☆☆★★ (日本)

構造改革と日本経済作者: 吉川洋出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2003/10/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (5件) を見る サプライサイドの構造改革だけではダメだ 日本における構造改革という時、何を思い浮かべるだろうか…

【書評】 罪と罰(3) 著者:フョードル・ドストエフスキー 評価☆☆☆☆☆+☆☆ (ロシア)

罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)作者: フョードル・ミハイロヴィチドストエフスキー,亀山郁夫出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/07/09メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 18回この商品を含むブログ (38件) を見る 誰しもが心に抱く「罪と罰」についての…

【書評】 作家論 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

作家論 - 新装版 (中公文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/05/19メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 私は芸術的な批評が苦手だ 三島由紀夫の批評は読んだ記憶がない。もっとも、私は彼の小説を愛好しているので…

【書評】 罪と罰(2) 著者:フョードル・ドストエフスキー 評価☆☆☆☆☆+☆☆ (ロシア)

罪と罰〈2〉 (光文社古典新訳文庫)作者: フョードル・ミハイロヴィチドストエフスキー,亀山郁夫出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/02/01メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 22回この商品を含むブログ (40件) を見る 日の目を見るはずがなかったラスコーリ…

【書評】 初恋 著者:イワン・トゥルゲーネフ 評価☆☆☆★★ (ロシア)

初恋 (光文社古典新訳文庫)作者: トゥルゲーネフ出版社/メーカー: 光文社発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 16歳の少年の悲恋物語 『初恋』は、19世紀ロシアの作家イワン・トゥルゲーネフの中編小説。初恋のエピソードを友人…

【映画レビュー】 ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 監督:シャロン・マグワイア 評価☆☆☆☆★ (英国その他)

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 (字幕版)発売日: 2017/01/20メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る 『スターウォーズ』も『ハリーポッター』も見たことがない 私はヒットした映画を見逃していることがある。『スターウォ…

【書評】 美徳のよろめき 著者:三島由紀夫 評価☆★★★★ (日本)

美徳のよろめき (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1960/11メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (56件) を見る三島由紀夫の『美徳のよろめき』は、人妻節子の不倫物語である。通俗的なタイトル通り、軽いタ…

【書評】 官能小説を書く女の子はキライですか? 著者:辰川光彦 評価★★★★★ (日本)

官能小説を書く女の子はキライですか? (電撃文庫)作者: 辰川光彦,七出版社/メーカー: アスキーメディアワークス発売日: 2010/08/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 52回この商品を含むブログ (25件) を見る私が今まで読んできた中で最低の小説。太宰治の…

【書評】 人口と日本経済 著者:吉川洋 評価☆☆★★★ (日本)

人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)作者: 吉川洋出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2016/08/18メディア: 新書この商品を含むブログ (17件) を見る 読者に親しみをもってもらうための雑音が邪魔だ 日本経済における人口の問題を…

【書評】 罪と罰(1) 著者:フョードル・ドストエフスキー 評価☆☆☆☆☆+☆☆ (ロシア)

罪と罰 1 (光文社古典新訳文庫)作者: ドストエフスキー出版社/メーカー: 光文社発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 『罪と罰』は、人間の滑稽さや暴力性、シニカルさを活写する 19世紀のロシアにフョードル・ドストエ…

【書評】 デジタルマーケティングの教科書 5つの進化とフレームワーク 著者:牧田幸裕 評価☆☆☆★★ (日本)

デジタルマーケティングの教科書作者: 牧田幸裕出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2017/09/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る デジタルマーケティングについて分かりやすく教えてくれる 『デジタルマーケティングの教科書』は、外…

【書評】 幸せな未来は「ゲーム」が創る 著者:ジェイン・マクゴニカル 評価☆☆☆★★ (米国)

幸せな未来は「ゲーム」が創る作者: ジェイン・マクゴニガル,妹尾 堅一郎,武山政直,藤本 徹,藤井 清美出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2011/10/07メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 100回この商品を含むブログ (38件) を見る なぜゲームをプレイするの…

【書評】 人事の統計分析 人事マイクロデータを用いた人材マネジメントの検証 著者:中嶋哲夫、梅崎修ほか 評価☆☆☆★★ (日本)

人事の統計分析: 人事マイクロデータを用いた人材マネジメントの検証 (MINERVA現代経営学叢書)作者: 中嶋哲夫,井川静恵,柿澤寿信,松繁寿和,梅崎修出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2013/06/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 統計分析を…

【書評】 復活(下) 著者:レフ・トルストイ 評価☆☆★★★ (ロシア)

復活(下) (岩波文庫)作者: トルストイ,藤沼貴出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/08/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 『復活』は、トルストイらしい教条的表現が鼻につく小説 『復活』を最後まで読んだ。トルストイらしい教条的な表…

【書評】 教養としての官能小説案内 著者:永田守弘 評価☆★★★★ (日本)

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)作者: 永田守弘出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2010/03/10メディア: 新書購入: 3人 クリック: 34回この商品を含むブログ (11件) を見る本書のどこに教養があるのか分からない。タイトルの選定を誤ったのではないか…

【映画レビュー】 ビューティフル・デイ 監督:リン・ラムジー 評価☆☆☆☆★ (英国その他)

渋谷は神山町が良い ホアキン・フェニックス主演の犯罪スリラー『ビューティフル・デイ』を見た。場所は渋谷のヒューマントラストシネマ。以前もこの劇場には足を運んだ経験があるが、何を見たのか全く覚えていない。しかし、今回見た映画『ビューティフル・…

【書評】 データ・ドリブン・マーケティング 最低限知っておくべき15の指標 著者:マーク・ジェフリー 評価☆☆☆☆★ (米国)

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標作者: マーク・ジェフリー,佐藤純,矢倉純之介,内田彩香出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2017/04/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る Amazon社員の教科書『データ…

【書評】 復活(上) 著者:レフ・トルストイ 評価☆☆☆☆★ (ロシア)

復活(上) (岩波文庫)作者: トルストイ,藤沼貴出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/07/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 『復活』はロシアの文豪トルストイの晩年の長編小説 『復活』は、ロシアの文豪トルストイの晩年の長編小説。ネフ…

【書評】 たんぽぽ 著者:川端康成 評価☆☆☆★★ (日本)

たんぽぽ (講談社文芸文庫)作者: 川端康成,秋山駿出版社/メーカー: 講談社発売日: 1996/01/10メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (3件) を見る 『たんぽぽ』は川端康成の最後の長編小説 『たんぽぽ』は川端康成の最後の長編小説である。『眠…

【書評】 花ざかりの森・憂国 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆☆★ (日本)

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1968/09/17メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 71回この商品を含むブログ (89件) を見る 三島由紀夫の自選短編集『花ざかりの森・憂国』 『花ざかりの森・憂国』は…

【書評】 仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法 著者:内田和成 評価☆☆☆☆☆ (日本)

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法作者: 内田和成出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2006/03/31メディア: 単行本購入: 29人 クリック: 187回この商品を含むブログ (161件) を見る 「仮説思考」のエッセンスを実践的に伝えている 著者の内田和成は…

【書評】 葉隠入門 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

葉隠入門 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1983/04メディア: 文庫購入: 68人 クリック: 510回この商品を含むブログ (115件) を見る 『葉隠』と三島由紀夫 小説家・三島由紀夫による『葉隠』についてのエッセイ。『葉隠入門』とあ…

【書評】 愛の渇き 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

愛の渇き (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1952/04/02メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (32件) を見る 陳腐で退廃的な美を描いた『愛の渇き』 『愛の渇き』というややセンチメンタルなタイトルの小説は、三島由…

【書評】 郵便的不安たちβ 東浩紀アーカイブス1 著者:東浩紀 評価☆☆☆★★ (日本)

郵便的不安たちβ 東浩紀アーカイブス1 (河出文庫)作者: 東浩紀出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2011/04/05メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 18回この商品を含むブログ (22件) を見る 『郵便的不安たちβ』は東浩紀の90年代の仕事を収めた評論集 評論…

【映画レビュー】 ハッピーエンド 評価☆☆★★★ (オーストリア)

longride.jp 『ハッピーエンド』は『愛、アムール』の続編的な作品 ミヒャエル・ハネケの新作『ハッピーエンド』は、家族をテーマにした映画だ。裕福で伝統的なフランスの家が舞台。父ジョルジュをジャン=ルイ・トランティニヤン、娘アンヌをイザベル・ユペ…

【書評】 ケインズとシュンペーター 現代経済学への遺産 評価☆☆☆★★ 著者:根井雅弘 (日本)

ケインズとシュンペーター―現代経済学への遺産作者: 根井雅弘出版社/メーカー: NTT出版発売日: 2007/10メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る ケインズとシュンペーターについてのエッセンス 20世紀の経済学者・ケインズとシュン…

【映画レビュー】 相棒・劇場版IV 評価☆☆★★★ (日本)

相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 通常版 [DVD]出版社/メーカー: Happinet発売日: 2017/09/02メディア: DVDこの商品を含むブログを見る『相棒・劇場版4』は、テレビ朝日のドラマ版で有名な『相棒』シリーズの劇場版。主人公・杉…

【書評】 お嬢さん 著者:三島由紀夫 評価☆☆★★★ (日本)

お嬢さん (角川文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/04/24メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (17件) を見る 三島由紀夫のお嬢さん小説 三島由紀夫作品の中で、少女とか若い…

【書評】 恋の都 著者:三島由紀夫 評価☆☆★★★ (日本)

恋の都 (ちくま文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/04/09メディア: 文庫 クリック: 8回この商品を含むブログ (11件) を見る ビジネス小説的に女性が活躍する 『恋の都』は三島由紀夫の長編小説でエンターテインメント作品。まゆみ…