好きなものと、嫌いなもの

書評・映画レビューが中心のこだわりが強いブログです

三島由紀夫

【書評】 愛の渇き 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

愛の渇き (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1952/04/02メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (32件) を見る 陳腐で退廃的な美を描いた『愛の渇き』 『愛の渇き』というややセンチメンタルなタイトルの小説は、三島由…

【書評】 お嬢さん 著者:三島由紀夫 評価☆☆★★★ (日本)

お嬢さん (角川文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/04/24メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (17件) を見る 三島由紀夫のお嬢さん小説 三島由紀夫作品の中で、少女とか若い…

【書評】 恋の都 著者:三島由紀夫 評価☆☆★★★ (日本)

恋の都 (ちくま文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/04/09メディア: 文庫 クリック: 8回この商品を含むブログ (11件) を見る ビジネス小説的に女性が活躍する 『恋の都』は三島由紀夫の長編小説でエンターテインメント作品。まゆみ…

【書評】 沈める滝 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

沈める滝 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/04メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (20件) を見る 人工的な愛の完成を目指す 『沈める滝』は三島由紀夫の長編小説。1955年刊。女性を愛することのできない男・城…

【書評】 禁色 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆☆☆ (日本)

禁色 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1964/05/04メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 33回この商品を含むブログ (60件) を見る 『禁色』は三島由紀夫が28歳で書いた異色長編小説 『禁色』は2部構成で発刊された長編小説で、1953年…

【書評】 川端康成・三島由紀夫 往復書簡 評価☆☆☆☆★ (日本)

川端康成・三島由紀夫往復書簡 (新潮文庫)作者: 川端康成,三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/10/30メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (12件) を見る 川端康成と三島由紀夫の往復書簡 川端康成と三島由紀夫の往復書簡。巻末にロ…

【書評】 命売ります 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

命売ります (ちくま文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1998/02/01メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 6回この商品を含むブログ (34件) を見る 『命売ります』における軽快な文章のタッチ 三島由紀夫のエンタメ小説『命売ります』を読ん…

【書評】 夏子の冒険 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

夏子の冒険 (角川文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2009/03/25メディア: 文庫 クリック: 18回この商品を含むブログ (39件) を見る 三島由紀夫のお嬢様小説 『夏子の冒険』は三島由紀夫による長編。お嬢様を主人公と…

【書評】 音楽 著者:三島由紀夫 評価☆☆★★★ (日本)

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1970/02/20メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 202回この商品を含むブログ (86件) を見る三島由紀夫による精神分析風の小説。三島由紀夫が、門外漢ながら精神分析学を勉強している…

【書評】 宴のあと 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆☆☆ (日本)

宴のあと (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1969/07/22 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 25回 この商品を含むブログ (51件) を見る 本作は、政治を、迸る詩情と冷然たるリアリティと共に描いた傑作である。三島由紀夫の詩的…

【書評】 仮面の告白 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆☆☆ (日本)

仮面の告白 (新潮文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/06メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 190回この商品を含むブログ (208件) を見る三島由紀夫の『仮面の告白』を数年振りに再読。本作は、三島の半自伝的小説と言われている。詩的…

【書評】 鏡子の家 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

三島由紀夫の『鏡子の家』を読んだ。新潮文庫にして600ページ超の大作。「みんな欠伸をしていた」という象徴的な言葉から始まる、虚無的な物語だ。 ■物語 鏡子という30歳くらいの資産家のシングルマザーの元に集まる4人の男たちを通して、第二次大戦後、経済…