読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももでちっそく

書評・映画レビューが中心のこだわりが強いブログです

Facebookの友人から

俺のこのrollikgviceのblogは、匿名でやってるし、妻でさえも俺がこんなblogをやってることは知らないでいる。一方で俺は、リアルな関係に対してFacebookをやっている。

俺という人間は、虚像がないと生きていけない人間で(なんか三島由紀夫太宰治のパクリみたいでダサいけどw)、こういうrollikgviceのblogみたいに、誰もが知らない俺というものを演じざるを得ない。当然、Facebookで書いている記事と、rollikgviceのblogとでは被る記事も出てくるが、向こうは本当の人間関係がある場所、こちらはネットだけの場所ということを考えると、同じ人間が同じ記事を書いて、でもFacebookの友だちは俺がこんなblogを書いていることを知らなくて、rollikgviceの読者も俺のFacebookの存在にはたどり着かないのだから、俺と虚像の俺とは一体何なのだろうと、俺の心の中では不思議な感じがぬぐえない。

どちらの俺も俺であって、しかもrollikgviceのblogの方を虚像といったけれど、Facebookだって虚像なのだ。本当の俺というものは虚像を繋ぎ合わせたものの、ぼんやりとした総合されたものでしかなくて、「どれ」とは言い得ないものだ。Facebookもリアルな関係の中の俺というだけであって、そこで発言していることなんて、当然友だち向けに書いていることで、「いいね!」と「コメント」をもらいたくて書いている側面があるのだ。だからリアルな関係の中の俺は、真の姿って訳ではない。

そんなFacebookという俺の一つの虚像を提供する場所から、一人の「友だち」からメッセージがあった。1回しか会ったことのない「友だち」で、文字通りの友だちでは全くない。他人といった方が正しいだろう。しかしFacebook上では「友だち」からのメッセージは、普段俺が小説家になりたいだの文章を書いていたいだの、そんなことばかり言っているのを見かねたのか(笑)、メッセージがあったのだ。

内容は、文章を書くのが好きという人は誰か?とリアルに思っていたら、俺のことにたどり着いたという一文から始まる。
俺とはリアルには1回しか会ったことがないのに、だ。なのにそんなことを思うとは、普段この「友だち」は、たまにしか「いいね!」をくれない冷たい野郎と思っていたのに、意外と俺のFacebookでのつぶやきを読んでやがった!ということだ。それで、「LifeCLIPS」というサイトを紹介したいと思ったと言っていて、そのためだけにメッセージをくれたのである。

俺はこのメッセージをもらった時めちゃくちゃ嬉しくて、XPERIAにキスしたくなった!もちろん垢だらけのXPERIAにキスなんかしないが!

Facebookだから…なのかどうかは分からない。別にこのrollikgviceのblogだって、こんなサイトの紹介位はあるかもしれない。でも、1回でも会ったことのある人からのメッセージというのが嬉しかった。その人が俺という本名を垂れ流してるFacebookで俺が書いている記事を読んで感じてくれたことをメッセージにしてくれたことが嬉しかった。こんな嬉しい気持ちはひさびさだ。

Facebookもrollikgviceのblogも、俺の中の一つであり、どちらが真実とか、どちらが虚像とか、そういうことはない。本当の俺ではないという意味ではどっちも虚像なのである。しかし、本名を名乗っているFacebookで俺の記事から俺はこんな野郎だと読み取ってくれて、それをメッセージにしてくれるっていうのは、Facebookじゃないと味わえないと思った。

Facebookで味わった感動を、匿名のrollikgviceのblogで語る俺は、虚像同士の中で、本当の俺を積み上げるために、レンガを一つ、手に持つことができた、ということなのだろう。

人間失格 (集英社文庫)

人間失格 (集英社文庫)