読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももでちっそく

書評・映画レビューが多くなってきましたが、雑記ブログです。口が悪いので酷評することも多いです。すきなひと、さーせんね。

北川景子と検索したら・・・

芸能界 テレビドラマ

f:id:rollikgvice:20151125133621j:plain

 

遅ればせながらドラマ『探偵の探偵』を観たんだけど、なかなか面白かった。

一番良かったのはストーリーかな。北川景子演じる探偵レナが、実の妹を殺害したストーカーに、情報を提供した悪徳探偵を探すストーリー。そのためにスマ・リサーチ社という探偵会社で働くレナ。

ストーリーは前篇後篇に分かれていて、前篇では悪徳探偵の阿比留(ユースケ)を倒すまでが描かれているのだが、阿比留はかませ犬のような役割で、レナが探している悪徳探偵こと、死神の正体は謎だらけでなかなか分からない。性別さえも不明である。

後篇になって、DV被害女性たちを収容している施設が描かれてから、徐々に死神が姿を現し始める。この死神の存在が、最初は単に謎であって、死神が残した「調査報告書」だけが手掛かりだ。この調査報告書に似たものを探していくところから始まり、徐々に死神が姿を現して行く。

最終的に死神が、少女の頃に強姦された、人格障害のある若い女性である、という結末は何とも味気ないものだったが、なかなかしっぽを現さない死神が、後篇に入ってからさらりと出現していて、しかもひよわなDV被害者かと思ってレナたちが匿っていたのに、そいつが死神とは・・・という観ている者の心情を逆なでするような設定だったのは良かったと思う。

まあ、ミステリーのロジックをよく知っている者なら、なんとなく死神が誰かくらいは検討がつくだろうが、それでも驚かせる効果があるのは、こういう設定は、分かっていても逆なでされたように感じる、ミステリーとして良い設定だからだ。

俺としては、強姦されたことがあり、人格障害もある女性が「死神」でない方が良かった。なぜかって、こういう背景があると、憎むに憎めない、同情すべきところがあるように思うからだ。悪役であるからこそ、殺されても仕方がないというような設定の方が観る者もすんなり観られたと思う。それと、人格障害があるだけに死神は、レナの前で狂気を魅せるのだが、やはりフィクションの狂気はこういう演じ方しかできないのか・・・という印象がある。既にどこかで見たことのある狂った感じである。幼さと狂気が入り混じったようなアンバランスさ。こんな小物をみんな追ってたの?って感じだった。

どうせなら、優秀で、影がある桐嶋か須磨社長が「死神」だったら救いようがなくて面白かったんだがな。それにこの二人なら重厚でラスボスにふさわしい。結構、俺、須磨社長が「死神」を予想していたんだが。。。

 

あと面白かったのが、レナと相棒のコトハ(川口春菜)の関係。妹を殺害された過去があるレナだからこそ、姉がいて、しかも姉との関係がギクシャクしているコトハは、妹の代わりにするにはうってつけの存在だった。ちょっとコトハに肩入れし過ぎる感じは、レズビアンにさえも思えるほどで、レナの心情を現すのにコトハの存在はとても良かったと思う。

散々批判されることが多い北川景子の演技だが、『探偵の探偵』に限って言えば、文句なしに良かったと思う。エ?北川がこんなシーンまで?と思われるような痛いアクションシーン(北川の顔や体中が傷だらけになる)を体当たりでやっている。

他のキャストだと、あんまりドラマではお目にかかれない、ディーン・フジオカ井浦新が良かった。あとは、三浦友和の息子(窪塚刑事)ね。殺さないで欲しかったけどw

ユースケはやっぱり下手だな。前髪長すぎて気持ち悪いしな。サングラスかけて高級車に乗っていたけど、なんか香港の成金みたいだ。

 

で、ちょっと北川景子ファンになってしまった俺は、ネットで検索したんだよ。もっとかわいい北川を見たいなぁと。

 

そしたら、写真のような悲惨な写真が出てて笑った笑ったww

なんだよこれw

リス顔としてネットでは話題になっているみたいだな。

ひどいことするよなwwww