ももでちっそく

書評・映画レビューが中心のこだわりが強いブログです

トレンディエンジェルw


トレンディエンジェル「M-1グランプリ2015」優勝!11代目チャンピオンまとめ

 

昨年末、M-1グランプリ2015を見て、初めて「トレンディエンジェル」を知った。それ以来ファンになってしまい、You-Tubeで彼らの漫才を見まくている。

どれも面白いという訳ではなく、とりわけ良いのはM-1グランプリと、爆問が司会を務めた「ネタ祭り」の漫才が面白い。

 

ボケ担当の斎藤司が非常に良いが、ツッコミのたかしの面白さも忘れないで欲しい。漫才は、どうしてもボケの方が目立つ。

ダウンタウン爆笑問題は特殊だが(どちらも目立つ)、古くはB&B島田洋七やツービートのビートたけしだ。そして2000年以降だと、中川家の礼二、アンタッチャブルの山崎(名前忘れた)など、ボケ担当がボケて、笑わせているので、ボケが目立つのだ。

 

でも、漫才は二人でやるものだからボケだけが面白い漫才なんか本当は無い(ツービートだけはボケだけが面白いから特殊だ)。爆笑問題の、太田のボケに対して、田中がちょっとキツい表現で「それじゃねえだろ!」みたいに言うと、客が笑う。

ツッコミがなければ笑わない訳ではないが、ツッコミがあって、客もドカンと笑えるのだ。

 

だから、トレンディエンジェルを見ていると、たかしのデカくて、甲高いツッコミのおかげで、斎藤司のアホな笑いが引き立つ。

 

って、何当たり前なこといってんだバカヤロウ!!!!