ももでちっそく

書評・映画レビューが中心のこだわりが強いブログです

【映画レビュー】 きみに読む物語 評価☆☆☆☆★ (2004年 米国)

 

きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]

きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

 

ライアン・ゴズリングレイチェル・マクアダムス主演のラブストーリー。監督はニック・カサヴェテスである。ニックは、父に映画監督のジョン・カサヴェテスを持つ。ジョンは、妻のジーナ・ローランズ主演で評価が高かった『グロリア』を監督した。そしてこの『きみに読む物語』にも、ジーナ・ローランズが出ている。

彼女は、ヒロインのアリーの老年期を演じているが、周囲を畏怖させるような強い存在感である。私にとってジーナ・ローランズは前述の『グロリア』のグロリア役で、少年を守る裏社会の女であった。その強烈な立ち振る舞いと、殺意に満ちた男どもを駆逐するマフィアのような雰囲気が強い印象を残したが、本作でも出演シーンは多くないものの、老いて尚、女性美の威厳を保持する佇まいは見事なものだ。

 

物語は1940年代の米国。肉体労働に勤しむ青年ノア(ゴズリング)は、17歳の少女アリー(マクアダムス)に一目惚れをする。アリーは富裕層の娘だが、互いに惹かれあい、熱烈に愛するようになる。しかし未だ旧弊な価値観が残る時代において、アリーの両親は二人の関係を裂こうとした。特に母親は手練手管を弄して、アリーを諦めさせようとするのである。アリーをノアから遠ざけるために、家族で引っ越してしまう。ノアはアリーに思いの丈を綴った手紙を1年間、365通郵送するが、ただの一度もアリーから返信はなかった。それは、アリーの母が手紙を全て隠してしまったからだが、それを知らないノアはアリーを諦め、別の地に行き、自分の人生を歩む。そしてアリーも、ノアから連絡がないものと誤解して、NYの大学に入り、彼女も自分の人生を歩む。その後第二次大戦が始まり、負傷兵の手当てをしていたアリーは、そこでロンという裕福な家の弁護士と出会い、恋愛をして婚約する。しかし、ロンとの恋愛に、ノアほどの強烈な愛を感じていなかったアリーは、ふとしたことで新聞記事にノアが写真に写っているのを見る。結婚を間近に控え、もう一度ノアに会って過去の清算をしようと思ったアリーだが、ノアに会って再び恋の炎が燃え上がり、365通の手紙を母から見せてもらうことによって、遂にロンの元を去ってノアを選び、ふたりは結婚する。

 

 

タイトルの「きみに読む物語」とは、年老いノアが妻アリーに読み聞かせるふたりの出会いから結婚までの物語だが、年老いたアリーはアルツハイマーにかかっており、自分がノアの妻であることも、ふたりに子供がいることも、出会いと別れと結婚についても、分かっていない。少し記憶が戻ることはあるが、すぐに病気が彼女の記憶を奪ってしまうのだ。ほんの僅かでも良いから、ノアはアリーの記憶を取り戻したいと思う。そのために彼は、ふたりの物語を読み聞かせる。

 

 

ノアとアリーの若い頃の物語はありふれた身分違いの恋愛だが、この映画では、そのエピソードを、アルツハイマーに罹患した妻の記憶を呼び戻すために使われているところが素晴らしい。ノアとアリーの身分違いの恋愛自体も悪くはないが、ややありきたりの物語で、特に、アリーがノアを選ぶ決断に比べると、ノアはアリーを選ぶための障害を乗り越えたようには見えないのが惜しい。ただ、現在に戻れば、懸命に読み聞かせを続けるという忍耐をし続けたのはノアなのだから、プラマイゼロなのか。

とはいえ、本作では夫が妻に読み聞かせる物語を用いて、妻の記憶を思い出させることに使われるところが独特だし、興味深い。それによって、いかに深い愛情であっても、記憶がなければ、愛情に繋がらないことを知らされる。そして読み聞かせは功を奏して、アリーは記憶と、そして夫への愛を思い出す。年老いて、記憶を取り戻したアリーは、「わたしたち一緒に死ねるかしら」とノアに聞くが、ふたりは手を繋ぎながら眠り、そして時同じくして死んでいくのだ。

 

アルツハイマーは治る病気ではないと、劇中で医師に言われ、それ自体は受け止めるノアだが、記憶が持続しないのであれば、一緒に死ねたら良いと思う。そうすれば、ふたりは記憶を持続したまま死んだことになるだろうから。愛し合った時をずっと保ったまま、死ねるだろうから。若い時分ではなく、もはや死を目の前にしている老夫婦にとって、死は若い夫婦に比べたらずっと近いものであるから、このまま死んでも良いが、せめて愛し合った時を思い出し、目の前の配偶者を愛しながら死にたい。ファンタジックで理想的過ぎる傾向はあるが、どれだけ深く夫婦が愛し合ったかを示すものとして、すっきりした終わり方だろう。ミヒャエル・ハネケの『愛、アムール』も、病気のために記憶を失い、ベッドに伏せる妻と、介護する夫の物語だが、夫は妻を殺害してしまうという悲惨な結末を迎えるので、『きみに読む物語』とはだいぶ違うのだが、私は、『きみに読む物語』を観ながら思い出していた。

 

 

rollikgvice.hatenablog.com