好きなものと、嫌いなもの

書評・映画レビューが中心のこだわりが強いブログです

【書評】 夏子の冒険 著者:三島由紀夫 評価☆☆☆★★ (日本)

夏子の冒険 (角川文庫)

夏子の冒険 (角川文庫)

三島由紀夫のお嬢様小説

『夏子の冒険』は三島由紀夫による長編。お嬢様を主人公とした、恋と冒険の恋愛コメディである。

三島が傑作『仮面の告白』を書いたのが1949年(24歳)で、『夏子の冒険』は、その2年後の1951年(26歳)の時に書かれた。『仮面の告白』のような、唯美的で詩的なレトリックを多用した小説の後に『夏子の冒険』のような、かわいらしい恋愛コメディを書いた。エンタメとしてそこそこに面白い小説になっている。三島にかわいい小説のイメージが全くなかった私は『夏子の冒険』の面白さが意外であった。なぜかわいらしい小説を書いたのか不思議で、執筆当時、子どもが生まれたのかと思ったら、彼は未だ、この年齢時には結婚していなかった。

男に情熱を感じられない

三島由紀夫のパターン化された「倦怠感」は、『夏子の冒険』でも健在で、主人公・夏子は男性に情熱を感じられないでいた。夏子は資産家の令嬢で、かつ美貌の持ち主なので求愛する男たちも多い。しかし夏子は彼らに全く心を動かされないでいる。男たちは夏子を家に閉じ込め、家を守って欲しいというに過ぎないからである。そこでは、永遠の日常が繰り返されるだけだからだ。そしてどこかに、情熱的な心情の持主はいないかと焦がれながらも、ある諦念も持っており、遂に修道院に入ることを決した。これが物語の序盤である。

修道院に向かう船の中で夏子は、井田という青年と出会う。井田は東京在住で倉庫会社の後継ぎである。井田は、北海道で熊に恋人を殺されたことで、熊に復讐するために猟銃を持っている。このことにようやく情熱を感じた夏子は、修道院へ行くことを辞め、井田の復讐の同伴者となるのだった。

理想を追い求めた「夏子の冒険」の終局

井田の復讐に付いて行った夏子は、不二子のような魅力的な女性への嫉妬などもありつつ、井田の復讐の完遂を待ち望んでいく。

井田の復讐という理想があるからこそ夏子は、主婦になって永遠の日常を繰り返すこと(現実)から逃亡することができる。そして、井田が熊を射殺し、遂に理想が果たされた時、井田は夏子に求婚し、家庭の理想を言葉にする。しかしそれは、かつて夏子をうんざりさせた永遠の日常の強要に過ぎなかった。井田に幻滅してしまった夏子は、物語の終盤に、やはり修道院に入ることを宣言した。

夏子は理想を持ち続けることで、現実から逃亡する術を得ていたが、理想はいつか消えていく。完遂、あるいは失敗という形を取って。本作では完遂することで夏子は、現実に引き戻されることを拒み、修道院に入ることを宣言した。修道院を理想とは言うまいが、修道院の方が、いくらかでも非現実性を味わえるからであろうか。情熱を感じる男に従うことで、理想を追い求めた夏子は、井田の復讐が終わるとそのまま現実に戻ることをせず修道院を選んだ。

夏子は未だ若く、現実の生活を続けながら理想の追求ができることを知らない。理想の追求は環境に属していると考えているのは、そのためだ。ゆえに夏子は、井田という男性と行動を共にする環境、そして、修道院で生活する環境といった環境がなければ理想の追求ができないと考えていた。

【書評】 「トランプ時代」の新世界秩序 著者:三浦瑠麗 評価☆☆☆☆★ (日本)

「トランプ時代」の新世界秩序(潮新書)

「トランプ時代」の新世界秩序(潮新書)

政治学者・三浦瑠麗

三浦は1980年神奈川県生まれで、東京大学で農学を学んだ後に東大院で公共政策や政治学を学んで法学博士を取得。理系から社会科学に進んだがそれが合っているのだろう。リベラルを自任。現職は東京大学政策ビジョン研究センター講師。

私が政治学者の三浦瑠麗を知ったのは昨年の正月のことだ。テレ朝の「朝生」を見ていて、着物を着ていた三浦が出ていたのを知ったのだった。目鼻立ちがはっきりしていて、見ようによっては美人に見えなくもない・・・という印象だった。

マスクをしていたらドキドキしそうだと思うのと、彼女の冷静な喋り方はちょっと好きかな(笑)まあ、西川史子が美人医師と呼ばれてしまう世の中だから、西川よりは明らかに綺麗な三浦は美人学者と呼ばれるのだろう。あまり同意はしないが。

トランプ大統領誕生後の世界を冷静に分析した好著

実は私は、本書の前に三浦の『シビリアンの戦争』という本を途中まで読んでいて良い本だなぁと思っていた。文章を書く才能に恵まれている。
ただ、同署は、読了せずに図書館に返却したのでレビューには載せていない。最後まで読みたいので借りようと思ったら借りられている。じゃあ他の本にしようかと思っていると本書が目に留まる。それで本書を借りて読んでみると、『シビリアンの戦争』ほどではないが面白かった。

シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき

シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき

トランプ大統領がなぜ誕生したのかから始まり、感情論に走り過ぎることなく、書物に依存し過ぎることなく、特定の思想に偏向することなく、冷静に「トランプ大統領誕生による新しい世界」について分析している。ジャーナリストのようにアメリカに行って取材した文章は現実に迫る緊張感があった。

トランプ勝利の要因

2016年に、アメリカでトランプ大統領が誕生したのは記憶に新しい。その要因を著者は3つ挙げている。
3つ目の「トランプ現象」については、著者は、保守的なレトリックを用いて中道の経済政策を語ることだと言っている。トランプは保守的な発言をしながらも、従来の共和党候補では言えない政策を公約にしていると言うのだ(高齢者福祉については不可侵、公共事業の大盤振る舞い等)。


・トランプを指示した白人層の投票率が大幅に上昇し、マイノリティの投票率が伸び悩んだこと
世論調査が人々の本音を反映していなかったということ
・トランプ現象の核心を理解できなかったこと


選挙終盤では日本でも報じられているようにトランプの女性差別発言などが取り上げられたが、著者は「トランプ氏は、保守層や白人層を中心にかなりの女性票も集めています」と書いている。

トランプ氏は、保守層や白人層を中心にかなりの女性票も集めています。
思うに、トランプ氏が女性差別主義者であることは、有権者はすでに織り込み済みだったのではないか。それは、現代のアメリカ社会を反映しているにすぎないわけで、リベラルを気取っている識者の中にも、女性差別主義者はいくらでもいます。

トランプが女性差別主義者であることを、アメリカの有権者が織り込み済みという観点は面白い。織り込み済みなら、特に驚くには当たらない訳だ。

足を使って真実に迫る

本書には、著者がアメリカに自ら足を運んで取材した事柄がいくつも出てくる。あたかもトランプ勝利の要因の2つ目「世論調査が人々の本音を反映していなかったということ」の裏付けるかのように、統計データだけではなく自らの感覚を使って、トランプ大統領誕生の背景や、なぜヒラリー候補が勝てなかったのか等を取材をして見ていく。まるで社会学のフィールドワークのよう。

ジャーナリスト顔負けのスリリングな緊迫感があり、統計データは重要ではあるが、物事を深く掘り下げて知ろうとするには、統計に依存するだけでは不充分であることを知れる。政治という社会科学の分野は、数学のように合理的に割り切れるものではないので、真実を知ろうとするには人間の生の声を取材することも必要である。時には、統計データを疑ってみることが必要で、本来、政治には統計と取材の両面性が重要なのであろう。

人種レトリック疲れ


私はオバマがアメリカの大統領になった時、気分的に不安を感じた。というのは、彼は恐らく、「自分は黒人ながら大統領になれた」と言うだろうと思ったからだ。特段に黒人に対する偏見を持っていないはずの私だったが、オバマがこう語ると嫌な感じがした。

そしてオバマは確かに、ことあるごとに「自分は黒人ながら大統領になれた」と言っていたようだった。なぜ気分的に不安を感じるのか、さして考えもしなかったがずっと心にはひっかかっていた。

著者は、いみじくも本書の中で、オバマが「自分は黒人でありながらアメリカ大統領になった」ことを書いている。

そして、著者は、本来人種問題とは言えないはずの問題が、なぜか人種問題に仕立て上げられていくという現象が頻発することに対する人々の嫌気を、「人種レトリック疲れ」と表現する。ああ、なるほど。私の気分的な不安はこれを指してるのか。

白人の警官が黒人の犯罪者を撃ち殺すと、それだけで人種問題となる。

すると白人は「自分は悪い白人の側にいる」とラベリングされたような気になり、黒人も「オレたちは白人に危険視されている」あるいは「虐げられる弱者だ」と認識しがちです。

だからトランプの人種差別的発言が良いとは著者は書いてないが、ただ、アメリカ国民が人種レトリックに疲れているのだろうとは言っていた。確かに、著者が別の個所で書いたように人種問題がビジネスにさえなっているアメリカ社会では、人種レトリックは、確かに人々を疲れさせる言説であるのは理解できるところだ。

日本にできること

著者は本書の中で、アメリカは日本を守らないかもしれないと言う。トランプ大統領の発言を聞いているとその可能性があるように思える。それでは、日本にできることは何なのか。

平和はカネだけで解決できるものではないと言い、日本はアメリカにとってどういう同盟国か、自分たちがどういう国でありたいのか、をしっかり考えるべき時に来ていると著者は言う。アメリカが今すぐ日本から軍を撤退することはないが、核の傘で安穏とし続けられない可能性があるのであれば、確かに日本は自立する国家としてのアイデンティティを考え直さねばならない時期に来ているというのは、間違いなさそうだ。

【書評】 音楽 著者:三島由紀夫 評価☆☆★★★ (日本)

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))

三島由紀夫による精神分析風の小説。三島由紀夫が、門外漢ながら精神分析学を勉強しているんだなぁという雰囲気は伝わるが、ただそれだけ。

セックスに不感症な女性が主人公。三島由紀夫は、『鏡子の家』にしろ『夏子の冒険』にしろ、無気力な人間を描くことが多いと感じるが、やはりそれは自身の戦後の倦怠感に由来しているのだろうか?『音楽』の主人公も性に倦怠感があり、セックスをしても感じることができない。そして、精神分析医の元を訪ね、精神分析の治療をしてもらう…というストーリー。

精神分析医という職業が今もあるのか知らないが、『音楽』の精神分析医は話を聞いてアドバイスをするだけで薬物治療は行わない。心理カウンセラーのような役割を担っている。在野の哲学者のよう。こんな仕事で医者を名乗っていたのか…牧歌的な時代があったものだと、しみじみ感じる。

【書評】 営業の心理学 売れすぎて中毒(ヤミツキ)になる 著者:神岡真司 評価☆☆☆☆★ (日本)

売れすぎて中毒になる 営業の心理学

売れすぎて中毒になる 営業の心理学


顧客に、新規開拓をしない営業がいるという。恐らく、人事評価制度がうまくいっていないのだろうが、顧客には、社外の人間に制度設計を依頼する文化がない。外部に依頼するのはあくまでも研修だけだ。しかし制度設計の仕事が取れないからといって手をこまねいている私ではない。

だから私はせめて、「営業向けのレクチャーをさせてもらえませんか?」と言ったら、「私どももそう思っていたんです」との返事。まるで両思いのようじゃないかと有頂天になった。

営業本は面白い


そういう訳で、私は営業担当向けのレクチャーをすることになった。といっても私は営業マンではない。そんな人間が営業向けのレクチャーをするって?ちょっと無謀にも思える。

ただまあ、コンサルティングをしていると、やったことがないことをやることもある。レクチャー用にいくつか本を読んだが、良かったのだけ紹介する。今回の『営業の心理学』である。

あとは、『営業』というタイトルの本だ。どストレートで奇妙なタイトルだが、副題には「野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて」とあるので、副題の方がキャッチーかもしれない。

営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて

営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて


最近買った『LINE@”神”営業術』『コストゼロでも効果が出る!LINE@集客・反則ガイド』というのも面白そうなので、読んでみるから、時間があったら紹介するぜ。


効果4500倍!  LINE@

効果4500倍! LINE@"神"営業術

コストゼロでも効果が出る!  LINE@集客・販促ガイド (Small Business Support)

コストゼロでも効果が出る! LINE@集客・販促ガイド (Small Business Support)


新規開拓がうまくいかない人のための本


本書はどんな人向けか?

帯を見ると、「トップセールスの人は、どんな心理テクニックを使っているのか?」とある。そして、そのコピーの隣には、営業がいかにも困ってそうな事例が羅列されている。

テレアポでガチャ切りされる
飛び込みをしても、無愛想に追い返される
雑談が苦手で、会話が続かない
他社製品より自社製品のほうがいいのに説得できない
あとちょっとのところで、いつもクロージングがうまくいかない


いわゆるルート営業向けの本ではないことが一目瞭然であろう。むしろ新規開拓がうまくいかない営業担当向けの本である。「新規開拓をしない営業向け」ということでいえば、確かに本書は適切である。

ザイアンスの法則


本書にはいくつかの心理学が紹介されているが、繰り返し触れられるのが「ザイアンスの法則」だろう。この概念はアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが提唱したものである。本書では以下のように紹介されていた。

1 人は、知らない人には攻撃的、批判的、冷淡に対応する。
2 人は、会えば会うほど相手に好意を持つ(単純接触の効果)。
3 人は、相手の人間的側面を知った時、より良い好意を持つ。


例えば法則「1」。

なるほど。人間は見知らぬ相手には冷淡に対応するものなのだ。だから、営業が、「顧客に冷淡に扱われた」と言って嘆くのを見て「大変だよな」と、飲み屋で同情するのも良いが、一方ではそういう扱いを受けるのは、当たり前のことなのである。

こういう理論を知っているだけで、安心しないか?私が営業なら安心する。
「なんだ、当たり前の扱いを受けただけだったのか」って。

だからって「馬鹿野郎!二度と来るんじゃねえ」と、残飯を漁る野良犬を追い払うように怒鳴られたら、誰だって嫌な気持ちにはなる。しかしそれでも、ザイアンスの法則「1」を知っていると知らないとでは、気持ちの落ち込み方も違うだろう。

それに、今度紹介予定の『営業』では、営業は確率の世界だと書いてあった。つまり100件回って、1件の仕事が取れることが分かっていれば、怒鳴られようが無視されようが、確率のひとつに過ぎないということである。ザイアンスの法則と並んで、面白い考え方だろう。

相手に親切に応じてもらうには?


見知らぬ人に、冷淡に接するのは分かった。それでは、相手はどういう時に親切に応じるのだろうか?本書では次のように書く。

「人間の行動原理」には、「利得最大化」「返報性」「共通項・類似性」「社会的証明」などがあります。


つまり顧客は、損するよりも得をしたいし、親切には親切で返したいし、共通項があると共感しようと思うし、皆が「良い」と支持するものを支持するのである。だから、新規開拓の際には、顧客が得をできるような提案(利得最大化)をしたり、売りたい商品が市場でどのように評価されているかなどの情報を提供(社会的証明)したりするべきなのだ。

人の心理がこのようなものであると知っていると知らないとでは、新規開拓営業に対するスタンスが違ってくるだろう。

(どうでも良いが、ザイアンスの法則は恋愛にも応用できると思うので、そっち方面で使ってみても良いと思う…笑)

喋るのをやめて質問する


私が「嫌だな」と思う営業のタイプが「しつこい営業」である。恋愛と同じなのだが、「嫌い」とか「苦手」と思ったらもう、その人を好意的に思えないのである。ザイアンスの法則「2」では、「人は、会えば会うほど相手に好意を持つ」と書く。逆にいえば会えば会うほど相手に嫌悪感を持つこともありうるが、これがまさに私が例示したことと一致する。

本書でも、営業は喋りすぎるなと書いている。むしろ、顧客の「隠されたニーズ」を引き出すために「質問せよ」と書く。ただし、どんな質問でも良い訳ではない。例えば「御社の従業員数は何名ですか?」などというような質問をされると、豊田真由子のように怒鳴ってやりたくなるが、企業の会社概要を見れば誰でも分かるようなことを質問してはいけない訳だ。

ある程度の情報を用意した上で、こういう質問をすると企業が「おっ!」と思うだろうなという質問をすることが肝要だ。いくつも質問をしていくと「実はね…」という、顧客の隠されたニーズを引き出せるというのは、興味深い。

数字のマジックを使い倒す


最後に紹介するのが「数字のマジック」。本書では以下のように書いている。

※「タウリン1000mg配合」の栄養ドリンクは、タウリンがたったの1gの配合です。
(略)
※「本日は50人に1人、お買い上げ料金が無料」は、たったの該当者2%にすぎません。
(略)

いかに普段、我々が数字に騙されているかを物語るものだが、しかしこういったマジックに騙されるのが私たちなのだから、使わない手はないだろう。


こんな感じで、面白い心理学の用語を用いながら、どうやったら営業がうまくいくかということが書かれているので参考になった。

【書評】 ゲームにすればうまくいく 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク 著者:深田浩嗣 評価☆☆★★★ (日本)

 

ゲームにすればうまくいく 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク

ゲームにすればうまくいく 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク

 

 

ゲーミフィケーションで動機づけを高めよう

 

ここ最近、顧客の研修用の企画を考えていて、参考になると思った考え方が「ゲーミフィケーション」だ。ゲーミフィケーションとは、本書では「ゲームの要素を、ゲーム以外の領域で活用していく」ことを指す。『ゲーミファイ』という本では、ゲーミフィケーションは動機づけに有用だと言っているが、本書でもその文脈で読める。

 

例えば本書にも例示されていたタカラトミーの人生銀行がある。これは「貯金」という退屈な行為を、ゲームを使って楽しくして、貯金の動機づけを高めようとするゲーム感覚の貯金箱だ。

 

人生銀行は、500円を入れるたびに画面の中にいる”人間”が成長していくというゲームになっている。

 

「貯金箱の住人」が三畳一間の生活からスタートし、貯金額が増えるのにしたがって、広い部屋へ引っ越したり、就職・恋愛・結婚をするなどの物語が展開します。 

 

目標金額に到達しなければ、残念なエンディングを迎えることになる。まるで、RPGかアドベンチャーのようなストーリーが展開されるという訳だ。貯金する人は、なんとか良いエンディングを迎えさせようと、貯金し続ける。貯金の動機づけが高まり、貯金額も増えて目標額に到達できるという仕組みだ。

 

 

人生銀行

人生銀行

 

 

人生銀行 for iphone

人生銀行 for iphone

 

 

ゲーミフィケーションと内発的動機づけ

 

 

内発的動機づけとは、エドワード・デシの著書で有名な心理学の概念である。

人を伸ばす力―内発と自律のすすめ

人を伸ばす力―内発と自律のすすめ

 

 

 

ゲーミフィケーションで有用なのは、この「内発的動機づけ」である。人生銀行を通じて、「貯金そのもの」が楽しくなれば内発的動機づけが働いている。楽しくなければ続かないというより、楽しいものこそ継続性があるのである。

 

そしてこれを貯金ではなく、「仕事」に置き換えたらどうなるか。仕事は仕事ゆえに安楽にできるものではないし、苦しいものである。しかしそれだけが全てではないだろう(ブラック企業の場合でそれを言うと、ブラックユーモアになってしまうが)。

 

 

本書は、事例がもう少し面白ければ評価できたと思う…